こんばんは、ミセスゴーヤです。

一昨日、ドラマ「グッドドクター」を観ていました。

題材が小児医療なので、胸が痛くなります。
昨日のエピソードは、児童虐待がテーマになっていて、余計に胸が痛くなりました。
今回の話では、身体の暴力は無かったけれど、継母から言葉の暴力を受け続け、
自身の身体の不調も聞いてもらえずに、手術が必要なほどになってしまう女の子の話でした。

子供は生まれてくる環境を選べない。
だけど、健気で素直で、親の愛が必要不可欠。
いつも安心がなくなることを不安に思いながら成長していると思います。

だから、最低限でいい、すべての子供が愛され、
安心させてもらえたら良いのにと、改めて思わせられたエピソードでした。

そんな心にせまるお話を、高い演技力で更に盛り上げていた俳優さんがいました。

それが、高松咲希さんです。



高松咲希さんのプロフィール

2010年9月23日うまれの、7歳。
株式会社クラージュ所属。

3年前にデビューし、その後ドラマやCMで活躍しているそうです。
過去の出演作品には、ドラマ「砂の塔」や「あなたのことはそれほど」などがあります。

第1回クラージュ × 雑誌LUCA コラボ・オーディションでグランプリを受賞したことがきっかけで、
モデルデビューしたそうです。

まだ芸歴3年とは思えない、堂々としたお芝居。
クライマックスに、涙ながらに父親と話すシーンでは、私だけでなく、普段涙を見せない夫も涙ぐんでいました。

これからがとても楽しみな子役の一人だと思います。

↓↓↓他にも気になった方々の記事を書いています。ぜひご覧になってくださいね!

トップ画像引用元:https://www.courage-agency.com/kids/members/single.php?bg=girls&id=112

おすすめの記事