こんにちは、ミセスゴーヤです。

東京は天気予報通りに、雨が降りはじめました。
またしても大きな台風が発生しているようですね。

21号の時のような被害がでないと良いのですが…。



一日一捨ての効果を考える。

さて、このブログとともに一日一捨てを始めて、三ヶ月以上が経過しました。

毎日、とはいきませんでしたが、定期的に不要品を見つけてきました。
最近では、捨てる以外に、メルカリで売ることも併用し、
断捨離を進めています。

恥ずかしながら、独身時代は浪費家だったため、
まだまだクローゼットは着ない服で溢れ、玄関には今の暮らしには不向きなハイヒールが靴箱には入り切らずにいます。
それでも、少しずつ過去のスタイル、現在の自分に似合うものに向き合い整理してきました。

せっかくなので、始めてから今日までで変化したこと、
感じた事を書いていこうと思います。



持ち物を把握できるように。。。

家の中には色々な物があります。
自分の物、家族の物、みんなで使う物。。。
我が家の子供はまだ幼稚園児なので、大部分を親が管理していることもあり、
母として、主婦として、把握したり管理する量が多いです。
夫も、片付けが苦手なので、多少の進言が必要。

ただ、一日一捨てをしていると、不要品探しに整理する時間が増えるので、
大部分の持ち物を把握することが出来ます。

これだけで、無駄に同じようなものを幾つも買ってしまう失敗が激減します。

私の場合は、メルカリを始めたことで、
不要でも美品や未使用品などの整理のモチベーションが高まりました。
逆に、不要且つ出品できない物は、潔く捨てる気持ちになれました。

そして、処分する時まで想像することで、衝動買いが減りました。

ただ、あまりこだわりすぎるとストレスが溜まりやすいので、
無駄かなと思っても、家族と楽しめたり、
毎日に楽しみが生まれるような買い物は制限しないようにしています。

断捨離も度が過ぎるとリバウンドしてしまいそうなので。

あくまで私の場合です。
本物のミニマリストを目指す方はこんなものじゃないと思います。

初心を思い出す。。。

元々、このブログのタイトルにもあるように、
現在の家を売り、新しい家を建てることが最終目標です。

その時のために、不要品をなくし、
身軽に引っ越しができる量を目指します。

すっきり暮らしていると、内見してもらう時も印象が良さそうかなと期待も込めて。

実は以前から、テレビ台を買い替えたい気持ちが大きいのですが、
この家に合わせて家具を買うのも勿体ない気がしているので、
なんとか我慢しています。

本当に気に入っている物だけに囲まれて、
いつか本当に気に入った家に出会えるよう、今後も一日一捨てを続けていきたいと思います。

おすすめの記事