こんにちは、ミセスゴーヤです。

以前少し触れた「道路族」について、我が家の場合を書きたいと思います。
まず初めに書いておきたいのは、私も子供がいるということ。
公園に連れていくのが大変な日もあるのは理解できること。
子供がすることにある程度理解があること。
ですが、我が家では道路で遊ぶのは危ないからしないようにと話しています。
うちの近所の「道路族」は、子供が15人くらい。お母さん達が7・8人、休日はお父さんもちらほら。
親は外に出ずに子供だけを遊ばせているご家庭もあります。
未就園児のころは、朝、夕の2回。現在は全員が幼稚園もしくは小学校に通っているので、夕方。
雨の日以外は毎日遊んでいます。
平日も土日も関係ありません。
ひどいときは、朝の7時台から子供用の乗り物を乗り回させていました。
あの乗り物、コンクリートの上を走ると、飛行機が飛んでいるときのようなゴーっというすごい音がするんです。
その頃は、我が子が赤ちゃんだったので、せっかく寝かしつけた後や、病気で寝込んでいるときなど、本当に迷惑でした。
当時、夕方も全員が乗り物か自転車の補助輪付きに乗り、我が家の前をゴールにしてレースをしてすごい騒音だし、外に出るために通ろうとする時は小さい我が子にぶつかりそうで危険だし、ひどい毎日でした。
出掛けていて帰宅すると、カースペースにある物置の扉にボールの跡がついていたこともありました。
市役所にも相談しましたが、解決することはなく、子供達に直接、家の前でボールなどはやめてほしいと直接お願いしたこともありました。
でも変わりませんでした。
話を聞いてもらえるような自治会もないので本当に辛い毎日でした。
ある時、我が家の前でサッカーをしている近所の父子がいました。
子供が蹴ったボールが我が家の車に当たったので、夫が直接ボール遊びはやめてもらうようお願いに伺うと、お父さんは初め「絶対にぶつかっていない」と言い張ったそうです。
ですが、我が家はこんなことがいつか起こるだろうと、予防策としてカーポートに防犯カメラをつけていたので、画像を確認してもらいました。
そうすると一転、自分は謝罪せずに子供を呼んで、謝れと言っていたそうです。
子供の責任は、親の責任ではないのかと夫婦で悲しくなりました。
その後、お父さんは会っても感じが悪くなり、その子供は小学生ですが挨拶も出来ないし、私達親子に嫌な態度を取ります。
本当なら車の傷を確認して、弁済してもらっても良かったのですが、今後のお付き合いを考えて穏便にしようとしたのが裏目に出たようです。
我が家が逆の立場なら、改めて謝罪に伺うと思います。でも、非常識なご家庭は逆ギレするんですね。
百歩譲って、道路で遊んでも仕方ないとします。
でも、迷惑を被ったり、嫌な気持ちになるような遊び方は控えるのがマナーというものではないのでしょうか。
集団なので気が大きくなっているんだと思います。
本当に迷惑していますが、最低限笑顔で挨拶するということだけは続けています。
どんなときも非常識な人の仲間にはなりたくないのです。
おすすめの記事