おはようございます。

ミセスゴーヤです。
この数年、とても気を揉んでいること、それが「ママ友」との距離感です。
子供が産まれる前は、自分の性格と合うとか、趣味が一緒とか、そんな感じでお友達が出来ていたように思います。
ただ、子供を介して知り合うママ友は、そうはいかないんですよね。
どう見ても気が合わなさそうだなと思っても、子供同士が仲良しになれば避けては通れないし、お友達になってみたいなと思う方がいても、子供同士の接点が薄いとなかなかお近づきになれなかったり。
まぁ、後者は何かのきっかけさえあれば、お友達になることはありますが。
以前こんなことがありました。
子供同士が幼稚園で仲良く遊ぶようになり、休日のお誘いも受けるように。
相手のママ(仮にAさんとします。)は非常に過保護&過干渉なタイプで、話す度に「いま幼稚園で○○さんがいじわるなんだって」とか「○○ちゃんってすごく気が強いみたい」と子供のお友達の悪い面を言い触らすんですよね。
実際に見ていなくても、理由まで決めつけて色んな人に話していました。
その子本人と話すときはわかりやすく冷たいし。
その頃、うちの子供にかなりの猫なで声で「○○(うちの子供)がいるからA娘も幼稚園楽しく過ごせるみたい、本当にありがとう~。」なんて言っていました。
この数ヶ月後まったく逆の態度に変わるんです。
自分の子供が家で話す幼稚園での出来事って間違っていることもあるし、ママには自分は悪くないよっていうスタンスで話すのが子供なので、あまり鵜呑みにしすぎるのは危険だと思うんです。
ただ、揉めるのも嫌だったので、反論することもなくさらっと聞くようにしていました。
過去に戻れるなら、そんな甘く見ていた自分に喝を入れたい…。
いつも嫌な噂ばかり聞かされていると、我が子の幼稚園生活まで見張られている気分になりました。
トラブルが起きないように我が子の言動も必要以上にコントロールしたくなってしまう自分にも嫌悪感を感じました。
そもそも相性も趣味も合わない、子供が同級生同士という共通点しかない相手と表面上仲良くするのもしんどかったです。
学生時代に出会っていたら、目すら合わなかったかもしれません。
我が子のためと思って出掛けるようにしていましたが、少しずつ距離をとっていきました。
距離を取りはじめるとAさんは、自分の思うようにならない私と、子供同士のケンカを一方的に我が家の子供のせいにして、他のママ友たちにあることないこと言い触らしたり、習い事での出来事まで誇張して、関係のない幼稚園の担任に私のクレームを入れられたりするようになりました。
直接我が子の文句を言われたこともありました。
うちの子供が、Aの子供とは別の子とケンカ?というか「○○ちゃんはこっち入っちゃダメ」みたいなことを園庭で言ったようなんです。
私はその時、事務室に行っていて直接見ていなかったのですが、戻った時その場に不穏な空気が出ていたのでどうしたか聞くと、
「○○(うちの子供)が△さんに意地悪を言った。叱ってほしい。」
「○○(うちの子供)最近意地悪じゃないか。A娘は、○○は□さんともうまくいってないと言っていた。」
「家ではどんななの?元は良い子なのにね。」
とかなりケンカ腰に言ってきたんです。
その時うちの子はお友達のママに迫られたことで泣いていました。
何があって、どうして嫌な言い方をしてしまったかを聞けるような状態ではありませんでした。
そしてその後も一人ぼっちでした。
幼稚園ママの心得として、幼稚園でのトラブルは客観的に見ている先生たちにお任せすることと、直接他人の子供の文句や教育に口出ししないっていうのが鉄則だと思うんですよね。
さすがに私も怒り心頭で、ただ同じような立場に落ちたくはないので努めて冷静に、言い返させてもらいました。
見ていない事、きちんと我が子の話を聞けていない事を頭ごなしに叱るのは私のポリシーではないこと。
幼稚園での出来事を、子供の話だけを鵜呑みにして、決めつけないで欲しいこと。
言葉遣いやお友達への思いやりなど、他のお母さんたちと同じように伝えているし、悪いことをすれば叱っていること。
先生から、我が子の普段の生活で特に注意は受けていないこと。
お友達を仲間外れにしているなら、いますぐ叱るが、うちの子は嫌なことを言ってしまったから今ひとりになっている。その事で学んでほしいと思うこと。
思うことがあったとしても、なんの根拠も無しに子供を批判されるのは心外であること。
その後先生に客観的な意見を聞きたいので、相談に行くと言って離れました。
相手は何も言い返せなくなって、最後には謝っていました。
しかし、謝ったくせに、他のママ友に泣きついたんですよ。
遠くから見えました。
「いきなり子供のケンカのことで文句を言われて、怒りと不安で泣きたかったのは私だよ!」と心の中で叫びましたね。
長いこと女の集団を経験すると、必ずいます。
立場が危うくなると泣いたり被害者づらして第三者を巻き込む女。
泣きつかれたママからすると、私が悪者に見えたことでしょう。
その日先生にはありのままを話し、我が子に問題があるかも聞き、今後の相談をしました。
先生は、「子供らしいケンカはお互い様にあります。でもそれだけです。安心してください。大変でしたね。色んなお母さんがいるから、今後のためにいま経験できて良かったと前向きに捉えて胸を張ってて。」と言ってもらえました。
それから数ヶ月は本当にしんどかったです。
送迎や習い事と、接点が多かったし、まわりに悪口を言われているのも感じていました。
私も頑固なところがあるから、うやむやに仲良くするのは嫌だったので、最低限の挨拶しかしませんでした。
一番嫌だったのは、うちの子供が話しかけると、露骨に冷たくしたり、時には無視もされました。
さすがに、子供に嫌な事をされる本当に嫌な気持ちでした。
私は大人だし、我が子のためなら我慢もできる。でも子供には関係ないことなんです。
ひとの子供には意地悪するなと言いながら、Aが一番意地悪だなと思いました。
誰だって我が子が楽しく過ごせているか心配だし、お友達と仲良くしてほしいけど、成長の過程ではケンカもあるだろうし、嫌なことをしてしまう側にもなりうる。
そんな当たり前のことを、「うちの子だけは違う。うちの子は全く悪いところがないのに、お友達はいじわるをする」と思っているA…本当に怖いです。
最終的には、私以外の親子とも揉めていたし、散々、周りを引っ掻き回して、幼稚園の方針にまでクレームをして去っていきました。
私としては、ホッとしたんですが…。
楽しく過ごしていたように見えたのに、親の思い込みで転園させられたAの子供は心配です。
仲良しの友達何人かにも相談しましたが、ここまでのモンペはなかなかいないとのお墨付きでした。
実は、書ききれなかったエピソードがまだまだあります。
私が見たこと。
他のママがされたこと。
またの機会に書こうと思います。
ここまで読んでいただいた方、長くなりましたがありがとうございます。
実生活でこの話ができる相手はとても限られているので、吐き出せて少し心が軽くなりました。
おすすめの記事