こんにちは、ミセスゴーヤです。

早速、二十日目分の一捨てを探すため、
水着関係の整理をしてきました。
私が持っているのは、
①15年ほど前に購入した、白地に青い花模様のビキニ。
②10年ほど前に購入した、黒と白のボーダーのビキニ。
③5年ほど前に購入した、白に紺のパイピングのビキニ。
④数年前に購入した、青と白のボーダーのタンキニ。
と、なります。
今回捨てることにしたのは、こちらです。
1530762077812.jpg
②の水着に付いていた、黒いショートパンツは、裾の部分に小さな穴を発見したので捨てます。
お尻を隠すのに便利でしたが、③のビキニにも紺のショートパンツが付いていたので、そちらを使おうと思います。
もう一つは、④のタンキニ。
こちらは、産後の太った自分用に、通販で激安で調達したもの。
生地もペラペラで、安っぽすぎるので捨てます。
青いショートパンツが付いていましたが、そちらは子供が水遊びをした時に、
ふざけてはいて以降気に入っていたのであげました。
①と②は古いのに、なぜ捨てないか疑問ですよね。
実は、二着とも大切な想い出がありすぎて、手放す決心がつきませんでした。
いわゆる、恋の想い出です。
ちなみに、①と②の相手は別の人。笑
恋とは縁のない毎日を送っていると、
過去の想い出が眩しく感じます。
これからどうこうしたいとは思っていませんが、
ドキドキのあった昔を懐かしむアイテムとして、もうしばらく手元に置こうと思います。
もう一つ、黒いロングワンピースも捨てます。
洋服を掛けているラックの下に置いているカゴの中に隠れていました。
夫と出会った頃に買ったものだと思います。
20代の終わり頃なので、今見ると、デザインが若いです。
生地の質感もアラフォーには厳しい…。
胸元のシャーリング部分のゴムが伸びきってしまったようなので、
リサイクルも難しそうです。
今日は涼しいので、もう少し片付けが出来そうです。
その前に子供を迎えに行ってきます。
おすすめの記事